FPのメモ帳

標準治療は”並”、代替医療は”最善”。ではありません #71005
「ティーペック・ドクターオブドクターズネットワーク発信情報」 : がんと診断されると不安のあまりネットや口コミ情報に惑わされることがあります。「標準治療を受けるのは嫌!最先端の治療を受けたい。高くてもいい!」「まず代替医療を試してみたい。効果があるとネットに書いていた」・・・一方で「代替医療を選んだ患者は、標準治療を選んだ患者より死亡リスクが2.5倍になる」という研究結果が発表されました。⇨代替医療と標準治療の基礎知識を解説
厚生年金保険料は、もう上がりません#7914
厚生年金保険料は毎年負担率が上昇してきました。しかしと言うか「やっと」でしょうね。平成29年9月(10月天引き分)引き上げで、お約束通り上昇がストップしました。負担率は報酬月額の18.182%。労使折半ですので、私たちの負担率は9.091%になります。もう厚生年金保険料は上がりません。日本年金機構のページで確認しましょう。 ※国民年金保険料は平成30年4月を最後に以降は上がりません。
あなたのご家族の一か月の医療費のマックスは? #7812
押さえておきたい制度改正がありました。高額療養費は年収によって分かれますが、ポイントは「あなたの年収は370万円より上か下か」というところです。年収370万円までの方は一か月間の療養費の自己負担額のマックスは57,600円。370万円~770万円の方は80,100円。しかもご家族で同じ健康保険に加入、同じ月内で21,000円以上負担した方がいれば、その方の分も、つまり家族で合算した金額が適用になります。年収770万円以上の方は、厚生労働省のHPをチェックしましょう。
 ※80,100円摘要の場合の詳細計算式 高額療養費=80,100円+(医療費ー267,000円)×1%
以前の記事
 

マイブーム

Island Style - 'Oiwi E I Song Across... ■お金ではかえないもの(タイのCM)
日本FP協会のページも活用してください。